高い発毛効果が人気のAGA治療薬「ミノキシジル」

育毛剤を使い続けてもあまり薄毛が改善されなかったり、なかなか髪が生えず悩んでいる場合に、ぜひ試したい存在といえばミノキシジルです。
日本ではリアップという発毛剤に、ミノキシジルが含まれています。

続きを読む 高い発毛効果が人気のAGA治療薬「ミノキシジル」

安価で嬉しいジェネリック薬品「フィンペシア」の購入方法・効果をご紹介します

「フィナステリド」を用いたAGA治療薬「プロペシア」は、多くの国で使われ効果を発揮してきました。そのプロペシアと同じフィナステリドを含んでいるのが「フィンペシア」で、インドのシプラ社が製造販売していました。

インドだから作れたジェネリック薬品

フィンペシアを手がけるシプラ社は1935年に設立されたインドでも3~4番手に数えられる大手製薬会社です。インドは発展途上国などに対して友好的な薬を提供するため特許が切れる前であってもジェネリック薬品を製造できるという特別な状況にあることからフィンペシアの製造販売が可能でした。

日本でも、インドからフィンペシアを、インターネットなどを利用して個人輸入業者に頼むと、これまでも入手が可能でした。実際、プロペシアの10分の1程度の費用で済むこともあって、多くに人が利用していました。

続きを読む 安価で嬉しいジェネリック薬品「フィンペシア」の購入方法・効果をご紹介します

男性ホルモンを制御!「フィナステリド」の育毛メカニズム

薄毛になる要因にはさまざまなものがあります。それらの中でも主要要因の1つに挙げられているのが男性ホルモンで、それを制御する薬の「フィナステリド」は、実際に育毛効果を発揮しています。

元々は前立腺肥大用の薬だった

そもそもフィナステリドは、20世紀の終わり近くにアメリカで開発された抗アンドロゲン薬の1つでした。作用としては男性ホルモンであるテストステロンを阻害する働きを活かして前立腺肥大の治療に用いられていました。しかし、使用している患者の副作用として体毛が濃くなることが確認されたために育毛剤としても使われるようになりました。

続きを読む 男性ホルモンを制御!「フィナステリド」の育毛メカニズム