若年性薄毛対策にピッタリ!?養毛剤「リゾゲイン」の効果


最近では若くても薄毛で悩む人が増えていて、その対策のために育毛剤などを使っています。しかし、効果が実感できない人も多く、そうした人にお勧めなのが「リゾゲイン」です。

頭皮は30代から衰える

薄毛になる原因は、遺伝をはじめいろいろあります。特に最近はストレス社会のせいか、20代や30代でも髪が少なくなっていく人が増えています。実際、頭皮に関していえば、実は30代から衰えが始まっていますから、早くから用心することが大切です。

そうした若年性薄毛、いわゆる「若はげ」対策にピッタリなのが養毛剤の「リゾゲイン」です。リゾゲインは薄毛の進行を止める頭皮ケアと髪を生やす育毛ケアの溶液を分けることで相乗効果を生み出し、実感できる薄毛対策を可能としました。

頭皮の状態を良くして育毛効果を生み出す

薄毛対策と育毛ケアを分けることの意味は、例えれば、畑と作物に似ています。つまり、いい畑でなければ美味しい作物はできないということです。そのためリゾゲインは、まず頭皮の状態を改善し、そこに育毛剤を使用することで、効果を最大限に発揮できるようにします。

具体的には、頭皮ケア(スカルプブースター)には、活性物質である「リンゴ幹細胞エキス」や細胞の増殖や成長に欠かせない物質「フィトポリアミン幹細胞成分」、成長因子(GF)作用があると言われている「クロクスリサンツス根エキス」を配合しています。

一方、育毛ケア(ヘアエッッセンス)には、男性ホルモンによる脱毛を防ぐ「ジオウエキス」などや頭皮の血行を促進する「ショウブ根エキス」や保湿作用がある「アルデアエキス」など、そして頭皮の炎症を防いでフケやかゆみなどを止める「グリチルリチン酸ニカリウム」などが含まれています。

こうしたダブルのケアによってリゾゲインは、2014年春の調査で『発毛が期待できる育毛ケアセット』の第1位にも選ばれています。