浸透力が違う?「ナノアクションd」の評判の秘密を検証してみました


薄毛対策のために多くの育毛剤が販売されていますが、それらの中でも、毛根に栄養をどれだけ届けられるかという『浸透力』に着目したのが「ナノアクションd」で、その育毛効果は話題を呼んでいます。

栄養を正しいところに届ける

日本で薄毛に悩んでいる人は、成人男性の3~4人に一人の割合でいると言われています。そして多くの人が、髪の毛を大切に考え、洗髪した時にはシャンプーを綺麗に洗い流したり、育毛効果があるシャンプーを利用したり、育毛剤を使ったりしてケアを心がけています。

しかし、髪の毛のケアをしながらも効果が実感できない人も少なくないのも確かです。そうした人は、育毛剤の成分が毛根にキチンと届いていないのかもしれません。そこで「ナノアクションd」は、『栄養を正しいところに届ける』ために、ナノ技術を利用して「浸透力」をアップさせました。

皮脂が栄養を届けるのを邪魔する

頭皮も皮膚の一部ですから皮脂があります。特に頭皮は髪の毛があるため湿度が高い状態になるので多く皮脂が発生します。その皮脂が毛穴に詰まった状態でいると育毛剤の栄養分が毛根にまで届かなくなり、その結果、いくら効果がある成分を使っても育毛に無視美付かないということになります。

「ナノアクションd」は、育毛成分「PLGAナノ粒子」や「PCTナノエマルジョン」を毛穴の千分の一まで縮小させることで、皮脂があっても毛根まで栄養分を届けられるようにしました。小さければ小さいほど高い浸透力が生じるため、育毛効果が期待できます。

さらに、「ナノアクションd」のナノ分子は頭皮にある水分によって溶け分解されますが、効果をより高めるために完全に浸透するまで約10時間もかかるようになっています。このように、じっくりと内包した成分を放出することでさらに効果を高めているのです。