科学的に育毛効果が実証された「スカルプD」の効果・成分を調べてみました


現在、いろいろな育毛剤やシャンプーが販売されていますが、実際に薄毛に悩む有名人を使って、その効果を実証することで薄毛の効果を上手くアピールしたのが「スカルプD」です。今では、広くその名前が知られるようになりました。

日本医科大学との共同研究で誕生

TVや新聞などのCMで、実際に育毛が成功していることを訴えている「スカルプD」は、それ以前に、日本医科大学の協力を得て、135万件の臨床データをベースに、24人の医師が研究に携わって、科学的に育毛効果が実証されています。

「スカルプD」の特徴としては、大きく『独自成分が配合された頭皮ケアの成分が凝縮処方されている』ことや『成分が浸透しやすいようにラメラエクスパンダーが配合されている』、そして『頭皮ケア成分が増量されている』の3つが挙げられます。

男性ホルモンの乱れを正す

長年に研究の結果、薄毛になる主な要因の1つに男性ホルモンが拘わっていることが分かりました。筋肉を作ったり、攻撃的な性質を生み出したりする働きに拘わっている男性ホルモンは、実は髪の毛の成長を阻害してしまう作用にも関係していることが分かっています。

具体的には、男性ホルモンが増えると頭皮には皮脂が多く発生するようになり、それが毛根に貯まると悪性の菌の温床となります。その結果、髪の成長に必要な栄養素が届くのを阻害したり、抜けた毛の再生を邪魔したりするようになって薄毛が進むわけです。

植物由来の洗浄成分を使用

「スカルプD」は、従来の汚れを取るだけのシャンプーとは違って、高い洗浄力がありながらも頭皮環境に優しい植物由来の洗浄成分を使用することで、頭皮環境を改善し、髪が育ちやすい環境を実現します。

現在、販売されているのは11代目に当たる製品で男性を対象としていますが、それとは別に女性専用のタイプも販売されています。さらに最近、より成分が浸透しやすくなるように大手電機メーカーから専用のデバイスも販売され、より効果が発揮できるようになっています。